株式会社新穂石材

お墓のメンテナンス

お墓の耐震・免震施工

お墓にこそ欠かせない地震対策
建築物に限らず、お墓でも地震対策は欠かせません。新穂石材では、お墓の地震対策についての取り組みとして、耐震・免震「ソフトファスナー」施工や、お墓の地盤を強化するための強化工法である「D-BOX」をご提供しております。

●耐震・免震施工「ソフトファスナー」

阪神淡路⼤震災クラス震度7に耐えた施工を採用。

新穂石材が推奨する、お墓の耐震・免震「ソフトファスナー」施工の最⼤の特徴である、粘り強さが地震の震動を吸収して⼤切なお墓を守ります。

ソフトファスナーの特徴

①粘着⼒が強い ②柔らかく、衝撃を吸収する ③施工が簡単、取り外しが簡単
④経年変化が少ない ⑤価格が安い

最⼤の特徴である粘り強さが地震の震動を吸収して⼤切なお墓を守ります。
●ソフトファスナー・R:展⽰品の墓石や五輪塔・外柵を地震から守ります。
●ソフトファスナー・C:施工、取り外しが簡単。冬場(5℃以下)、小⾬時でも施工できます。

●実⼤加振実験映像(撮影:日本石材産業協会)

  • 無対策の場合
  • ステンレス棒入りの場合
  • ソフトファスナー施⼯(震度6)
  • ソフトファスナー施⼯(震度7)

●高性能高規格進化形基礎工法「D-BOX」

W技術:縦揺れ・横揺れバツグンの振動吸収を取り⼊れた工法。
粒状体の区画拘束原理(※1)に基づき、「土のう」を現代の地盤対策施工技術として活用できるように開発された工法で、地盤補強・振動低減対策・液状化対策などの効果を持つ地盤改良の製品です。
※1 名古屋工業⼤学名誉教授の松岡元先生解明した原理で、バラバラの粒状態を完全に包み込む事により、粒⼦間に生じる⼤きな摩擦⼒により強度を発生させるという理論の事。
地盤改良D-BOX ≫

おすすめコンテンツ

  • »現場での熟練の技術⼒をご覧ください 施工事例(個⼈墓)
  • »家具調仏壇、唐木仏壇など充実の品揃え 仏壇・仏具の販売
  • »お客様から寄せられるご質問のQ&A よくある質問

↑